スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
かわいい子には
2012/01/21(Sat)
DSCN8539_512.jpg 

12月の3連休初日、上洛する私の前に座ってた兄妹。
お兄ちゃんは小学校低学年、妹は幼稚園の年長さんって感じ。

背中にリュックをしょって二人がけの席にちょこんと座ってた。
この年代の子にありがちな騒ぐこともなく、静かに座ってお行儀がいいので、自然と目がいった。
しかし周りには大人の姿がない。
なんと子どもだけで電車に乗ってたのだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 見聞録 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
広島生らくご会 「寄席の楽しみ」
2011/06/06(Mon)
DSCN4933_400.jpg 

Hちゃんに誘われて、行ってきました「生らくご会 寄席の楽しみ」。

これまで何回かお誘いを受けてたけど、都合が合わなくて行かれなかったのだ。
今回は寄席形式の公演ということで、生のお囃子に色物さんたちまで登場する贅沢な会。
これはもう万難を排して行かなくちゃです。
この記事のURL | 見聞録 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
呉大和ミュージアムへ
2010/11/23(Tue)
DSCN1801_400.jpg 

連絡通路に並ぶ人、人、人。

雨の月曜日だってのにこの人出はいったい…。
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近鉄宇治山田駅
2010/09/25(Sat)
P1200994_400.jpg 

伊勢神宮への最寄り駅の近鉄宇治山田駅。

国の登録有形文化財にも指定されている駅舎がなんともレトロでいい感じなのだ。
石造りの外壁が落ち着いた雰囲気を出していて好きだなあ。
外から見ると3階建てのように見るけど、実は3階部分はホームになっているのだ。
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京阪 大津線
2010/03/05(Fri)
P1170688_320.jpg

滋賀県入りは2回目。

前回は湖西線に乗ったけど、今回は東海道線で膳所まで来て京阪大津線に乗り換えてみた。
湖西線で大津京で降りて皇子山駅で乗り換えるルートがあったけど、こっちの方が早かったのだ。
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
堅田の街歩き
2009/12/05(Sat)
P1150993_320.jpg 

堅田は平安時代から江戸初期にかけて堅田衆(湖族)と呼ばれる人々が琵琶湖の利権を一手に掌握し、
琵琶湖最大の自治都市を築いたところ。

新田義貞の妻の勾当内侍や蓮如、一休、松尾芭蕉とそうそうたる歴史上の人物たちとゆかりのある街なのだ。
(詳しくはこちらから)

町並みもあちこちに町の歴史を語るようなものが多くておもしろかった。
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初 琵琶湖
2009/12/04(Fri)
P1150963_400.jpg

たびたび上方に行きながら、山科から東には行ったことなかった。

もちろん琵琶湖もちゃんと見るのは初めてなのだ。

穏やかな湖面がきらきら光ってきれい~。
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の太宰府天満宮
2009/08/17(Mon)
P1140144_400.jpg

冬には合格祈願の受験生ご家族でごったがえしてた太宰府天満宮も 夏は参拝客がまばら。

シーズン中は拝殿前に行くのも大変だけど、今ならするっと行ってど真ん中で拝むことができる。
この記事のURL | 見聞録 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
豪雨の爪あと
2009/08/15(Sat)
P1140133_400.jpg

エスカレーターで上がってくると待ち時間表示の看板がある。

たしかに待ち時間は見ての通りの0分だったけど、
このあと続々と団体さんが上がってきてたので 10分とかに変わったかも。

で、このお客さんたちが何を見ていたかというと…
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿修羅展へ
2009/08/13(Thu)
P1140125_400.jpg  

カレンダーを見ながら気がついた。

阿修羅展に行くなら この週末しか無理じゃん。」

急遽 下関在住のMちゃんにお泊まりをお願いして「九州いきなりプチ遠征」を決行~。
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。