スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大浮世絵展@山口県立美術館
2014/06/28(Sat)
  P1230196_400.jpg 

というキャッチコピーがTVのCMで流れている「大浮世絵展」に行ってきた。

国内では東京のほか3か所しかやらない浮世絵の展覧会。

大英博物館など、海外のコレクションからもたくさん作品が来ているからか、

会期中の展示替えが何回もある。

1回目はまだ人が多くない開催2週目に、2回目は展示替えが多かった期間を狙って行ってみた。
スポンサーサイト
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フレデリック・バック展@広島県立美術館
2012/08/09(Thu)
DSCN9643_400.jpg 

友人たちが「よかった!」と言ってたフレデリック・バック展へ。

広島県立美術館は前回、広島駅から歩いていける距離だなと思ったので、
日傘を差して川沿いに進むと、10分もかからずに到着~。
これは市電とかバスで行くより早いわ。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ス・ドホ in between 展 @広島市現代美術館
2012/08/08(Wed)
 DSCN9637_400.jpg 

友人が見に行くというのでご一緒させてもらったのが
広島市現代美術館で開催中の「ス・ドホin between」展。

なんか作家さんの名前に聞き覚えがあって行くことにしたのだけど、
実は広島市現代美術館に行くのは初めて。
ちょっと広島駅からはアクセスがよろしくないのよね。
この記事のURL | アート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展
2012/02/29(Wed)
 

すっかり放置してしまいました(汗)。

書きたいネタはたまる一方なのに、他のことに時間とられてまして…。
しかもパソ子の調子は不安定…。
でも春にもなるし、冬眠終了ということで、
ぼちぼちエンジンかけて行きたいと思います。

さて、先週末は友人たちと広島県立美術館で始まった
「ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展」へ。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歌川国芳展
2011/12/28(Wed)
DSCN6691_400.jpg 

PCの調子がいいうちに連投しとこう。

さて、佐川美術館訪問のおめあてはこちら。
歌川国芳展だ。
大阪市立美術館で見たときには 武者絵や妖怪の絵の方が多くて、
猫の絵とかの遊び絵がちょいと物足りなかった。
今回はそちらをがっつりと堪能しようというわけ。
この記事のURL | アート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
佐川美術館 その2
2011/12/28(Wed)
DSCN6688_400.jpg 

ごぶさたしております。
パソコの不調は相変わらずで、記事を書いても途中で消えてしまい
いい加減やる気がなくなってたところに
仕事が忙しい時期がやってきてすっかりほったらかしておりました。
そしてネタもずいぶんと古いものになってしまいました…。

でもこのままでは中途半端なので
こまめに保存しながら書いていこうと思います。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐川美術館へ
2011/12/01(Thu)
DSCN6686_400.jpg 

パソは相変わらず不調で放置気味になってきてますがお許しを。

ちょっと前だけど、佐川美術館に行ってきた。

名前のとおり佐川急便の所有してる美術品を収めた美術館だ。

京都から湖西線で堅田まで行ってバスに乗り換えて琵琶湖を渡っていった。
この記事のURL | アート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「織」を極める 人間国宝 北村武資展
2011/10/28(Fri)
DSCN6967_400.jpg 

スカッと抜けるような青さの空に朱塗りの鳥居がよく映える。

この時期の空の色と鳥居の朱色と金色が一番きれいに見えると思う。

たくさんの人がその鳥居の下を歩いていく。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルーシー・リー展
2011/02/10(Thu)
DSCN2815_400.jpg 

大阪中ノ島公会堂前にある東洋陶磁美術館へ
ルーシー・リー展」を見に行った。

ピンクの釉薬がとってもきれいな器のポスターが気になってたのだ。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上村松園展
2010/12/20(Mon)
DSCN1490_400.jpg 

もう終ってしまったけど、京都国立近代美術館であった上村松園展に行った。

私が上村松園の作品と初めて出会ったのはたしか切手。

子どもの頃、切手を集めてて、「序の舞」の図案の記念切手を持ってて、
好きな切手の1枚だったのだ。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。