スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スパークリングゼリーメロンソーダ
2006/08/31(Thu)

20060831000409.jpgファミマで見つけたブルボンの新製品。

カップゼリーのメロンソーダ味ってたいしたことないだろうと思ってたけど、食べてびっくり!ほんとに炭酸しゅわしゅわきた。包装も炭酸がぬけないように二重になってて、要冷蔵。このカップゼリーは特許申請中だとか。デザートのプリンとか売ってるショーケースにおいてある。メロンはあと1袋だった。他にコーラゼリーもあるので試してみよう。
 5個入りで138円。


9/10     コーラ味を試した。味は大玉コーラキャンディ。炭酸がしゅわしゅわくるのは気持ちいいけど、ちょっと後味がいまいち。メロンの勝ち~。


スポンサーサイト
この記事のURL | 新製品 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラストラン
2006/08/30(Wed)
劇団四季の「コーラスライン」を観た。

 ぎりぎりまで仕事があって駅までとばして行ったのに、駐車場に車を入れてからチケットを家に忘れたことに気付く。うわーやっちまった~!
慌てて取りに戻ったが、次の電車だと最寄り駅に着くのは開演10分前。タクシーとばして間に合うかどうか微妙な時間なのはまちがいない状況になってしまった。(にもかかわらず電車で寝ちまう自分ってどうよ)駅でタクシーに乗って行き先告げたら、運転手さんが「6時半(スタート)だね。」ととばしてくれて、何と開演に間に合ったのです!うちの町の駅から電車に乗って、50分で会場入りという移動新記録を作ってしまった。ラジオで野球聞いてた運転手さん、ありがとうございます!さて、「コーラスライン」は観るのは2回目だけど、前回実は途中意識がとんだところがあったので、実は今回が初めてと同じだったりする。ダンサー一人ひとりが語るスタイルは変わらないのに今回はどんどん引き込まれた。加藤さんのダンスはやっぱりキレがあって釘づけになった。それに声もいい~。他のキャストではシーラ姐さんがイカしてましたね。ポールもいいなあ。ジュディーの頭の小ささとキャシーのスタイルのよさに感心したし、男性陣のダンスではジャンプが高くてかっこいいし。舞台の鏡に映るダンサーたちの姿の方ばかり観てしまってたこともあった。なんで前回意識がとんだんだろう?ぜひまた観てみたいです。Hちゃん、いい席をありがとう!
この記事のURL | 観劇 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリームパン3連発
2006/08/28(Mon)

PA0_0028.jpg私の食べ物のこだわりの共通点は「たまご」。
親子丼にオムライス、カルボナーラ、シュークリームにクリームパン。好きな食べ物にはみーんなたまごが使ってある。初めての店ではまずこれらを試す。たいてい、これらがうまかったらほかの料理も「あたり」が多いのだ。
 クリームパンは値段も手ごろでカスタードの優劣がはっきりするので比較しやすい。私のクリームパンのチェックポイントは以下のとおり。
①カスタードが自家製(甘すぎず、重すぎず) 
②パン生地がぱさぱさしてない。
③クリームとパンのバランスがよい。(多すぎても少なすぎても不可)
④値段が手ごろ(基本は150円以内)
PA0_0035.jpg 写真上は下松のザ・モール周南の星プラザ1Fにあるパン屋さん(名前忘れた~)のクリームパン。形はクリームパンの基本のグローブ形。クリームはちょっと油っぽい。以前はもっと美味しかったと思うんだけどなあ。
 中は大阪梅田阪急デパ地下のDONQのクリームパン。
1個120円。形はグローブもどき。クリームはバニラビーンズ使用。クリームは甘さ控えめで、昔自分で作ったことのあるカスタードの味だ。牛乳ともうちょっとたまごが多くてもいいかな。バニラビーンズの香りがちょっととんでたような気がするが、美味しいから、ま、いいか。パンもパサつきがなくてしっとりしていた。
 
PA0_0033.jpg写真下は JR大阪駅御堂筋口側コンコースにあるIkariのクリームパン。手作りカスタードクリームが売り。オリジナル製品をいろいろ出しているスーパーのようだが、プチシュークリーム5個入り(220円)がけっこうおいしいので期待して買ってみた。パンはややきめが粗くパサつき気味。肝心のクリームは甘さは控えめだが、やや粉っぽくてもたっとしているのが惜しい。でも、ちゃんとたまごや牛乳を使っている味なのでよしとしよう。値段はちょっと忘れてしまったが、130円前後だったかな。

 

この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大阪
2006/08/27(Sun)

PA0_0031.jpgキャラメルボックスの「雨と夢のあとに」を観に大阪へ。


 2日間の研修中にどうにも見たくなって、劇団の友人に急にチケットをお願いして見に行った。ちーこのかごはそのままで。
 東京でも見たけど、やっぱりまた観たい。
そんな気持ちにさせられたのは久しぶりだ。福田麻由子ちゃんが小学校最後の夏休みをすべてこの舞台にぶつけてるがんばりももう1回見たかった。これからしんどい企画に立ち向かっていくエネルギーを充電したかった。思い切り泣いてすっきりしたかったのもあるかな。
家でいろいろしてたら、シアターBRAVA!に着いたのはいい時間だった。「2階席でOKよ」という話だったのに、チケット受け取ってびっくり!1階席でしかも通路側でとても観やすかったのだ。ありがとう、Sらん!
 前回、麻由子ちゃんはちょっと声がきつそうだったので、「のどつぶしてないかな」とちょっと心配したが、やっぱ、プロですねえ。ちゃんと声出てた。声量とか発声とかプロの舞台役者さんたちにかなうわけないんだけど、その声で精一杯お父さんを呼ぶのがまた切なく聞こえて泣けちゃいました。舞台も終盤になると役者さんの演技がちょっと変わってきてるのも面白い。(青山さんのかんちょーとか。)やっぱり、ラスト近くになると場内すすり泣きの渦。観覧車のシーン、麻由子ちゃんの表情が加藤さんのブログにアップでのってたのを見て、「福田麻由子」という女優のこれからが楽しみになってきた。この夏は終わるけど、秋に向けて大きな企画をがんばれるパワーをもらえたように思う。
 そうそう、前説で加藤さんが「今日は岡田達也と三浦剛のお母様が観に来ておられます!」と言ってたけど、どうも帰りの地下鉄で一緒になった人は三浦さんのお母様だと思う。加藤さんいわく、「三浦にそっくり」なのだそうだが、その方も目元口元顔のりんかくとそっくり。しかもキャラメルのグッズを手にしてたから、たぶんあたりだと思う。一緒にいたのは弟さんらしかったんだけど、やっぱり顔の雰囲気が三浦さんを小柄にしたような感じで、逆三角形の体つきがかっこよかった。(どこ見とるんじゃ)

この記事のURL | 観劇 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちーこ
2006/08/26(Sat)
20060827110003ちーこが死んだ。
出張から帰ったらかごの下に横たわって動かなくなっていたのだ。
これまでも1泊して翌日の夜帰ることはあったが元気だったから、私自身油断してたのかもしれない。えさも水もたっぷりやっていったのに、何かパニックをおこしたのだろうか…。もっと早く帰ればよかった、ペットショップによらなきゃよかった、ひとりで置いとかなければよかった…。いくら後悔しても小さなちーこの命はかえってこない。
泣きながら家の前のアルストロメリアの根元に埋めた。ちーこのいないかごだけが部屋に残った。
この記事のURL | ちーこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
A HARD DAYS NIGHT
2006/08/25(Fri)
20060827103004今日から1泊2日の研修に参加。
 県央部であるのだが,なんと9時始まり!のため、家を朝7時半に飛び出す。リミットぎりぎりだったので、インターごとに通過予定時間を設定しながら走った。なんとか間に合ったがきつかった。せめて9時半始まりにしてほしいなぁ。
 午前からいきなり頭をフル回転する演習。時間との勝負でくたくたに疲れ切った。でもとても実のある研修だった。その反動で午後の講演では意識がとんだ(笑)めったに聞けない中央の偉い方のお話だったんだけどね。夜も班別自主研修でお勉強。コーヒー飲む時間すらなかったが、ここでようやく飲めた。勘弁してくれ~。
 日ごろ職場でここまで頭を使わないので、オーバーヒート気味。みんなバテバテになりながら課題をこなし、ようやくビールにありついた。飲みながら普段お付き合いのない部の方たちとも報交換できるのがせめてもの救いかな。
 明日も朝から脳細胞フルスロットルな研修になりそうだ。

 

この記事のURL | お仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プロの技
2006/08/23(Wed)

 前々から気になっていたデミオ君のフロントガラスの傷を修理に出した。すれ違いざまにとらっくがはねた小石があたって、貝殻のように1センチばかり傷ついていたのだ。夕方に引き取りに行くとじっくり見ないとわからないぐらいにきれいになおっていた。これでまだ当分元気に乗れそうだ。しかし、代車で乗ったのが自分の車よりもいいデミオ君だった。(ただしオートマ)なかなか乗りやすかったが、次の車もやっぱりミッションがいいな。


  最近読んだ本から。

adaaru.jpgまだある。 今でも買える”なつかしの昭和”カタログ~食品編~」
  初見健一 著 大空ポケット文庫 
 昭和の思い出と銘打って、今も現役で販売されているいろいろなものを写真と文章で紹介してあるのだ。私の近所では書店で平積みだったけど、なぜか文庫新刊チェッカーのHちゃんは見たことがないそうだ。すでに売り切れなのかしらん?
 100点ものお菓子からインスタント食品までさまざまな食品が紹介してあるけど、先日仲間内で話題になった「たまごアイス」ものってる。「ゴムの味がするから苦手~」という声もあったが、最近ではパッケージにちゃんと「天然ゴムを使用しているので多少ゴムの臭いがします」などというお断りが書いてあるそうな。(ロッテのCoolishはたまごアイスのパウチ詰めみたいなものだな。)ほかにも文具・学校編、生活雑貨編、駄菓子編とあるので読んでみようと思う。


taorerutokiha.jpg倒れるときは前のめり」   いのうえさきこ 著 秋田書店
  タイトルに惹かれて買った1冊。
というのも、仕事が修羅場になったときとかに自分で「倒れるときは前向きに」とよくいっている言葉だから。作者がいろんなシチュエーションで飲んだくれる様が4こま漫画とエッセイでかかれているのだが、作者の飲みっぷりにはあきれを通り越してさわやかささえ感じられるのだ。
 私はそんなにお酒は飲める方ではないので、美味しいお酒をちょっとずつ飲むのがうれしい。なので、作者のような飲み方は絶対できないので、ここまで突き抜けられたら潔くてかっこいいかなとか一瞬思ってしまった。(しかし実際にこんな飲み方する人が周りにいたらちょっと引くかも)

この記事のURL | 読んだ本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風接近中
2006/08/18(Fri)

台風がゆっくりゆっくり北上しているようで、強風域に入ってずいぶんたつ。
明日の朝にかけて風雨が強まるそうだが、早いこと抜けてほしいものだ。

 今日は病院に行ったら検査結果が出てた。手首の痛みはやはり腱鞘炎。
昔の骨折の影響で、腱鞘炎になりやすいそうだ。血液検査の結果は異常なし。
ほかの指の痛みはなんと軟骨が磨り減ってきてるそうな。しばらく電気治療と塗り薬とシップすることになった。しかし、軟骨かあ。パソコンのせいもあるかな。寄る年波…なんて考えたくない~!


 夕方は久しぶりにお花に行く。昨日お稽古再開の連絡をもらってたのだが、お通夜に行っていたので行けなかったのだ。師匠は肺炎で緊急入院されてたそうだ。ついでにあちこち検査してもらったら異常なし。こんな私でもお稽古続けていけるのは、ひとえに師匠のおかげなので、なにはともあれ、お元気になられてなによりだ。

 お通夜に引き続いて今日は葬儀に参列する。
この夏はたくさんお弔いがあったが、その中でも今日は一番悲しかった。
やはりどんなことがあっても子どもは親より先に死んではいけないと思う。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
訃報
2006/08/16(Wed)

山口県人ならみんな知ってるであろう、KRY山口放送の顔、井上雪彦さんが、12日朝急逝された。土曜の朝、ゴルフに行こうとしていて家で倒れて、病院に着いたころにはもう息をひきとっておられたとか。。死因は大動脈乖離だそうな。まだ60歳だったのに。
夕方の「熱血テレビ」で山口弁丸出しの語り口が好きだったのに。
今日の夕方も追悼番組やってた。番組の出演者の人がみな泣いてた。私も涙が出た。
ラジオでの故吉田治美さんとの掛け合いも面白かったのになあ。若いころのニュース読んでる声もよかったのになあ。
声優の鈴置洋孝氏も亡くなってしまった。ブライト艦長の声はもう聞けないのね。
ガンダム関係ではほかに確かアムロのお父さんの声の人やセイラさんの声の井上遥さんも亡くなってしまった。何人も私の好きな声の方が鬼籍に入られてしまったが、井上和彦さんの声はこれからも長く聞きたいなあ。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
打ち上げ
2006/08/12(Sat)


PA0_0018.jpg
 夜は東京ツアーの打ち上げで阿佐ヶ谷の「鶏丸」へ。
ここはよしながふみの「愛がなくても喰ってゆけます」で取り上げられている焼き鳥のお店。実はうちの仲間内では、「愛がなくても…」で取り上げられたお店に行ってみよう!という流れがあって、今回が3件目となるのだ。
 阿佐ヶ谷駅で待ち合わせたのだが、Yさんが山手線が止まってしまって遅れるとのこと。なんでも上野駅付近に落雷があって、停電になってるそうな。あの雨のときにそんなことがあったのか。
とりあえずRn子さんと先に店に向かうが、そのときに通った阿佐ヶ谷商店街が実によかった!程よい道幅と高いアーケード。専門店も個性派ぞろいで、ついつい入ってしまう危ないエリアである。町猫と思われる丸々太った猫たちも商店街に花を添えていた。ぜひ、また来てみたいと思う。


tukune.jpgさて、みんなそろったところでいよいよ料理にぱくつく。
写真左はつくね串。温泉卵をからめてbontiri.jpgいただくとめちゃうまだった。
鶏肉の味もしっかりしている。炭火の風味とたれのごげた香りがたまりませんわ。写真右は作中でも食べられていた「ぼんじり」ぷりぷりとして油も美味~。

左下はtorisasi.jpgささみのたたき。ほんとはしゃものたたきだったんだけど、個数限定の上オーダーがうまく通ってなくてこれになりました。鳥の臭みがまったくなくて、ぺろりと食べてしまった。
とにかく、美味しい鳥料理が次から次と出てくるのでたまりません。ほんとにおいしかったなあ~。平日なら親子丼もっつくってもらえるそうな。
阿佐ヶ谷商店街リベンジも含めてぜひまた訪れたいと思う。



この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
銀座
2006/08/12(Sat)
PA0_0019.jpg
 午後は銀座でデパ地下巡り。
三越にいたら急に人が増えてきて、どうしたのかと思ったら外は滝のような雨が降っていた。周りの人の話によると、落雷もあったらしい。近頃の雷はちょっと今までのと様子が違うような気がする。落ちるのがやたらに多いように思うのだが。
 デパ地下でお土産を調達して地上に上がったら、ミキモト真珠のビルの前にキレイな風鈴のツリーがあった。涼しげな色と音色に思わず立ち止まってみていく人も多い。風鈴には青い短冊に子どもたちが夏休みの目標や願い事を書いていた。この風鈴は願い事を書いた子どもたちにもらわれていくのだろう。
 雨がやんだあとは心なしか空気がひんやりしたようだ。東京の方が過ごしやすいと感じてしまうのは私だけだろうか。


この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
江戸城跡
2006/08/12(Sat)
ootemon.jpg3日目は皇居へ。
眼鏡橋のほうへは行ったことがあったが、江戸城跡としてじっくり見たのは初めてだ。大手門はいかにも将軍様のお城らしく、どっしりと構えている。ここから各地の大名たちが登城したのね。天井の梁も大きな木が使ってあった。将軍が大名たちに普請させたのだろうなあ。いったいいくら使わせたのだろう。現在城壁の修復工事を行っているが、石組みを解体したところ、工事を普請した大名の名前のある石が見つかったそうだ。大工事を請け負ってせめてどこかに名前を残したいと思うのは今も昔も変らんな~。

yuri.jpgkawaranadesiko.jpg
 大手門から二の丸庭園へ向かう。
よく手入れされている広い庭園は、ミンミンゼミが鳴いていて、東京のど真ん中ということを忘れそうになる。
風情のある花々があちこちに咲いていて、花を見て歩くのが楽しい。いつもは花屋に売っている栽培された花を生けているのだが、自然に生えている姿を見るとやはり勉強になる。
ominaesi.jpg 
  休憩所の前には、秋のkikyo.jpg七草が植えてあり、日本キキョウやカワラナデシコがきれいに咲いていた。びっくりしたのはオミナエシは背が高い花だということ。もっと背が低くて楚々としたイメージがあったのだが、けっこうたくましいのだ。フジバカマも背が高かった。ススキも大きかった。きっと台風が来てもしなやかにゆれるのだろう。







この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三の丸尚蔵館
2006/08/12(Sat)

katyou.jpg

 実は今回皇居に行ったのは、三の丸尚蔵館で行われている「花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>」を見るため。3月から若冲の「動植綵絵」を中心に5期にわたって展示しているのだ。しかも入場無料!さすが太っ腹~と一瞬思ったが、よく考えたらみんな税金からまかなわれてるんだわ。
 今回はラストの5期。以前いったMちゃんが絶賛してたので、期待していったが、期待通り、いや以上のものでした。展示された若冲の作品の中では、群魚図が面白かった。たこの親子の絵がかわいかった。若冲の技法についても解説がしてあったので、わかりやすかった。
 そのほかにも応挙の牡丹孔雀図もあってしばし見とれる。 河合蟠溪の作品も好きだ。透明感のある色彩で鳥と花を描いている。小品だがしばらく見入ってしまった。
 若冲の「動植綵絵」の残りが見られなくて残念だが、秋に京都の相国寺で一挙公開されればぜひ見に行きたいな。
 売店のカ「動植綵絵」のタログは瞬く間に売れてしまって私も買いぞびれたので、送料無料で送ってもらうことにした。


 



 

この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
韓国料理
2006/08/11(Fri)
PA0_0016.jpgPA0_0017.jpg 夜は横浜のNちゃんと韓国料理を食べに行く。
池袋の「とうがらし」。キムチやチョレギサラダが美味しかった。調子に乗ってトッポギの炒め物を頼んだら、これが辛いのなんのって。(右写真奥)全部食べられなかった。ピビンバはお美味しかったが、量が多くて二人でシェアすればよかったと後悔した。 Nちゃんは、元職場の同僚だが、だんなの仕事の関係で横浜に住んでる。上京したときは都合が合えば会って大ばなしするのが楽しみなのだ。今回も職場のことやら何やらわあわあしゃべってストレス解消した。

PA0_0015.jpgさすがに甘いものが欲しくなって、池袋駅方向に歩いてたら駐車違反の取締りをしてた。うちの近所ではやってないので、初めて見た。
「ほんとに二人組みで機械に入力してるよ」とNちゃんに言ったら笑われた。
確かにこんな繁華街で停めてたら切符即切られるよねえ。午後9時を回ってたけどご苦労様です。

この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
観劇三昧
2006/08/10(Thu)

banpaiya.jpg昼は帝劇で「ダンスオブバンパイヤ」を観る。
どんなストーリーかも知らず「まったく真っ白な状態で見た。
山口さんの伯爵登場のシーンでは思わず笑ってしまった。(山口ファンの方すみません)
市村さんの教授がひたすらお茶目で、吉野さんの息子が妖しかった(笑)
初めはホラーなのかなと思ったが、お耽美コメディ系の話だった。
「ダンスオブバンパイヤ」というタイトルどおり、ダンスシーンがかっこよかった。にもかかわらず山口さんは動かんかった。確かにあの衣装は重くて動けんと思うけど、もちっと動いて欲しかったかも。
吉野さんのヘルベルトは妖しいなんてもんじゃない。衣装もきわどい、いやいっちゃってたので前の席で観ていたお子ちゃまには教育上よろしくなかったかもね。(笑)市村さんの早口の歌のところはお見事。楽しんでやってるみたいだったね。
 音楽は私のなつかしストライクゾーン。最後のバンパイヤたちが踊りまくるシーンの曲にもう鳥肌。カラオケでよく歌ったものよ~。
 お話的には「おいおい、そんなおちなんか~?」という感じだったけど、山口ファンは必修でしょう。


夜はサンシャインでキャラメルボックスの「雨と夢のあとに」を観る。(ネタばれありのため、読む方は反転を)
ストーリーはTVシリーズの後半のまりあと雨と朝晴の絡みを中心に展開。
テレビでも毎回泣いてたのに、今回はしょっぱなから涙腺崩壊状態になった。
福田麻由子ちゃん演じる雨がとてもいじらしいのだ。でもただかわいいだけじゃなくて、畑中君演じる北斗をどつく場面もあったりしてたくましさもみられておもしろかった。朝晴役の岡田君、暁子役の岡みきさんもみな熱演。客演の久松さん、楠見さん演じる早川夫妻もいい味出していた。テレビドラマを舞台化すると時々「違うんじゃない」と思うことがあるけど、今回はすんなり入り込めたし泣けたし、よかった。 再演するとなると麻由子ちゃんが大きくなっているから難しいかもしれないね。今しか見られない期間限定の舞台だとも言えるかな。
 朝晴が両親に自分の死を告げるところや朝晴が見えなかった霧子が、最後の最後で見えるようになって、無言でクロスチョップするところとかもう場内すすり泣きの
渦。観覧車の別れのシーンではもう号泣状態でした。
 終演後、劇団の友人に差し入れに行くが、会うなり「お、泣いたね!」と指摘されるほど、目が真っ赤だったようだ。ひさしぶりに気持ちよく泣ける舞台を見たと思う。


この記事のURL | 観劇 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
築地 中栄
2006/08/10(Thu)

aigake東京2日目。
築地市場へ朝ごはんを食べに行く。といっても、出かけたのが遅くなったからブランチか。
いつもは洋食の武田に行くのだが、Mちゃんのリクエストでカレーの中栄さんに入る。
ちょうどお客さんが途切れたとこで待ちなしですぐ入れた。
インドカレーとビーフカレーの相がけを注文する。
キャベツの千切りの山盛りがうれしいなあ。思わず福神漬けを山盛りにする。味はインドカレーはチキンであとから辛さがじわりとくる。ビーフは野菜の甘みがルウに溶け込んでいて味わいが深い。キャベツを一緒に食べるとまたマイルドになっておいしい!これは家でもやってみよう。相がけは一皿で二度美味しいから好きだ~。
 後から入ってきた親子連れの少年が、カレーを注文してからすぐ出てくるのに驚いて、「早いねえ~」と思わず声を上げていたのがかわいかった。お店の人もにっこり。常連のおじさんが「ちょっとだけルウおかわり」といって」、ちょっとかけてもらえてるのもいいなあ。今度はハヤシと相がけしてみよう。帰りに相がけのレトルトがあったので土産に買う。買った後でその重さに後悔するが毎度のことだ。



この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しめ
2006/08/09(Wed)
ryuutou.jpgtukemono.jpg
締めの前にはお漬物と「龍力」。
浅漬けは昆布の味がほどよくきいておいしかったです。お酒もいろいろ飲んだけど次の日残らずすっきり!いいお酒はやっぱりいい。
そして最後はやっぱりうどん。
私は「源平うどん」を頼みました。
牛肉の赤とかまぼこの白がきれい~。
出汁もなんか一味違うなと思ったら、えびが入ってたみたい。とってもおいしかった!けど、IH君の頼んだ親子丼がめちゃうまそうだった。親子丼チェッカーとしてオーダーのときに頼むべきか悩んだのだけど、うどんにしたのよね。今度は絶対親子丼を頼むぞ!
genpei.jpg

この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7品目
2006/08/09(Wed)
yonezawagyu.jpg
焼き物は米沢牛。さっと焼いてあるのをわさび醤油でいただく。
写真はうっかり1枚食べてしまった後。
かむと肉汁がじゅわっと出てくるところにわさびの辛味が合わさって、う~ん、美味。ほんとに美味しいものは少しの量で満足するんだよね。
kei.jpgkeiura.jpgこの時に出たのが「渓」というお酒。
ラベルの裏には川魚が描いてある。
これもまた美味。
今回は雄町という酒米を使ったお酒が多かったけど、フルーティな香りにどっしりとした味わいで飲み応えのあるお酒だった。普段あまり飲まない私がここまで飲んだのは珍しいのだ。



この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6品目
2006/08/09(Wed)

unaginasuten.jpgkuramori.jpg
6品目はなすとうなぎのはさみ揚げ。
なすが甘い!ころもがぱりっぱり!
うなぎが予想したよりあっさりしていた。あまりの美味しさに呆然としてしまった。
お酒は10年物の古酒をいただく。古酒は初めてだが、なかなか。うまみがぐっと濃くなっているのでしっかりした味わいだった。

この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5品目
2006/08/09(Wed)
naraman.jpg
gyunikugobou.jpgさっと出汁にくぐらせた米沢牛と、ごぼうが合う!
「あっさりしたのが食べたくて作りました」とお兄さんが言ってたけど、ほんとにさっぱり食べられました。野菜と出汁って合うねえ。お酒は「奈良萬」飲んだことないお酒が次々出てくるが、みなうまい!


 
この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4品目
2006/08/09(Wed)
amaebi.jpgmasanune.jpg
4品目は甘エビ。
こぶ締めにしてあるのでえびの甘さが引き立つ。
えびの下はえびの頭をミキサーにかけてゼリーで固めてある。えびムースって感じかな。
えびの風味が口いっぱいに広がって、うっとりしてしまった。
切子のグラスでいただいたのは今日2杯目の日本酒、山形正宗。どのお酒も料理とよくあってするする飲めてしまった。


この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3品目
2006/08/09(Wed)
anagosasimi.jpg
3品目はアナゴの刺身。

 アナゴといえば、巻きずしの具や穴子丼でしか食べたことがなかったので、刺身の味は想像つかなかった。
 軽く皮ををあぶってあるので口に入れると香ばしさが広がる。ポン酢ともみじおろしにてんこ盛りのアサツキとくればふぐ刺しのイメージだが、味はぜんぜん負けてないぞ。新鮮なアナゴでないと刺身にはできないのがよくわかる。
器がまたいい。アナゴとねぎの色がよく映える。  





この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2品目
2006/08/09(Wed)

natuyasai.jpg
 2品目は夏野菜の盛り合わせ。彩りがとてもきれい!
 とうもろこしはなんと生!未来という品種で、さらに糖度を高めてあるそうな。生だけどほんっとに甘い! 
 なすは泉州の水ナス。「どっちの料理ショー」の特選素材になったとか。これも生に軽く塩がしてあるんだけど、ナスのえぐみがなくてじゅわっと甘いのだ。なすがこんなに甘いなんて知らなかった。okuraトマトにはジェノベーゼソースがのせてあって美味~。

 それからオクラ。なんとこのオクラは箱入りオクラだった。
オクラってネットかプラスチックのケースに入ってるんじゃないのか? 大きさ小指ぐらいだし。オクラに対する認識が変わったね。味はさっと湯がいて出汁につけてあり、あっさりとおいしかった。私はオクラはあまり食べないが、この食べ方はおいしいと思った。
Mちゃんは「ここは野菜がおいしいので、季節ごとに食べに来たいんですよ~」といってたが、ほんとにそう思う。

この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さぬきやさん
2006/08/09(Wed)

ウニと湯葉
夜はMちゃん御用達の「さぬきや」さんに行く。
Rn子さん、Mちゃんの高校時代のお仲間のIS君とIH君とご一緒する。
常々、Mちゃんのブログで、「さぬきや」さんの料理とお酒のうまさを読んでいたので期待していったが、ほんとに期待通り、いや期待以上だったのだ。
 料理の初めがウニと湯葉と岩のり。わさびと出汁でいただく。
私はウニにはあまり執着しないのだが、これは「おいしい!」と思わず声に出た。写真に撮り忘れたが、この後に出たお酒は「村祐」。
 

この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東京初日
2006/08/09(Wed)

 今日から東京5日ステイ。
夕べはなんかしらんけど寝付けなくて、3時ごろまでごそごそしていた。
おかげで、行きの新幹線の中では京都過ぎあたりから爆睡。
着いたころにはちょっとのどが痛かった。やはり、旅行の前日には早く寝ないといけない。

上野精養軒今日のメインは、上野の国立東京博物館でやってる若冲と江戸絵画展。まずは文化会館の中の精養軒でランチして腹ごしらえをする。いや~、うまかったっす!さすが洋食の老舗。この次はカレーかハヤシライスを食べたいな。

 雨を気にしつつ、若冲を見にMちゃんと平成館へ向かう。東博の建物は本館の方が断然かっこいい。国のお宝国立東京博物館を集めてるんだから、建物にもやっぱしそれなりの威厳がないとね~、と思う。平成館のエントランスはホテルの結婚式場みたいだし。



国立東京博物館 若沖展 会場に入ると、夏休みとはいえ平日なのに、けっこう人がいた。最近日本画に興味を持ったのであまり詳しくないが、いきなり出迎えてくれた若冲の虎に釘付け。それからは江戸の絵師たちの作品がずらりと並んで、じっくり見ていく。お花をやっているので、どうしても花の絵に目がいってしまう。応挙の牡丹は美しかったなあ。酒井抱一のカキツバタの紫もすてき。だれの作品か分からない花の屏風もよかった。若冲も花をかいているけど、意匠化されているのが多くて、ちょっと私の好きなタイプではないようだ。日本の花はやはり日本画でかくのが一番きれいかも。




 

この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かごデビュー
2006/08/07(Mon)
かごデビューちーこがそろそろ飛び始めたので、早めにかごに入れてみた。
初めはかごの下の網から足が下に落ちてしまい、うまく歩けなかったようだ。しばらくじたばたしていたが、静かになったなと思ったら、えさ入れの中に丸まってた。か、かわいい…。しかし出入りのたびにえさをまき散らすわ、えさの中にウンチするわ、でちと困った。早いとこ止まり木に止まるようになってほしいものだ。
この記事のURL | ちーこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
病院へ行く
2006/08/07(Mon)

  午後、手首や指の痛みや腫れが前々から気になっていたので、意を決して整形外科へ行く。
ひざのじん帯を痛めたときからお世話になっている病院だ。
右手首の痛みは腱鞘炎だろうなあ、と思ってたら、先生もすっぱり「腱鞘炎ですね。」
「ほら、こうすると痛いでしょ」と親指を中に握ったグーで小指の方に曲げた。
「いいいいいいたい!」思わず叫ぶ。いや、マジで。ほんま、痛かったっす(泣)。
で、ほかの指の痛みについては左右の指を見比べた後、「ちょっとレントゲンとって血液検査しましょう。」となった。「なになになに?」と不安になりながらレントゲン室へ。採血をすませるとレントゲン写真ができていた。
 写真を見て先生は開口一番「右手首は骨折したことありますか。」
確かに中一の時に骨折してたのだが、「折れた後の骨がうまくつかなかったようですね」と先生。
驚いて写真を見ると、私が見ても明らかに骨の形が変!骨がずれてしまっている。本来収まるところに収まっていないので、右手首にでっぱりができているとのこと。知らんかった…。そういえばリハビリ時期にけっこう無理をしてたような気が。やっぱりお医者様の指示にはちゃんと従うべきですねえ。
 右足首も小3のころに階段から落ちて、ひどい捻挫をしてもんでもらって直した覚えがあるが、それが実は骨折だったことも先生に指摘されたことがあった。かけた小さい骨が痛みの元になっているとの話。それで右の足首がすこうし曲がっている、とも。右足首はスキーをするときにうまく加重できないのでおかしいなと思ってたので納得した。スキーのブーツも右のくるぶしが当たって痛いのでソールをけずったし。けがをきちんと治さないと、長い年月を経て痛みや影響が出てくることがあるのだ。 
 腱鞘炎にはシップと塗り薬をすることに。ほかの指の痛みについては血液検査の結果待ちとなった。検査には1週間かかるのでお盆明けに結果をきくのだが、ちょっと重い宿題をもらった気分だ。
 


 



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花火大会
2006/08/05(Sat)


200608060015342 今日は地元で一番にぎやかな花火大会だった。
 子どものころ花火の真下で見たくてつれてってもらったが、あまりの人の多さと帰りのバスの大混雑にまいってしまったことしか覚えていない。
 音が遅れて聞こえるけど、今の家の2階から見えるので今年も見た。
しかし今年は花火の方向の木の枝が伸びて、肝心の花火が隠れることが多かったのが残念!地元のケーブルテレビが生中継していたのでそれも見ながら楽しんだ。風がやや弱かったようで、何度も煙が晴れるのを待った。日中は35度近くまで気温が上がったけど、夜にはさわやかな風が窓から入ってくるので過ごしやすい。明日もまだまだ暑そうだ。
今日の運動:花火渋滞が発生するので今日はお休み。腹筋を30回

この記事のURL | 季節物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ランチ
2006/08/04(Fri)

ほんとは今日は振休だったけど、どうしても出勤しないといけなくなって午前中に出勤した。休暇の変更が相次ぎ、勤務票は真っ赤。修正液使ってもう一度上から書くしかないかなあ。
 昼を食べようとHさんNさんとイタ飯屋に行く。ランチのパスタコースを注文。、ほかの二人が頼んだのはたことスナップえんどうのピリ辛トマトソース、私がベーコンとレタスのペペロンチーノ。ところが運ばれてきたパスタの味が???トマトソースの方はやたらめったら塩辛くて、食べるのに何杯も水のおかわりをするし、ペペロンチーノなのにぜんぜん辛くないのよね。中に入ってた鷹の爪をかんでみても辛味が全部飛んでるような感じ。コースの前菜とかはいいのに、なんかちょっとがっかりしたな。
 となりの席はおばあちゃんと嫁娘孫むすめ3人(かな?)がいたけど、行儀はよくないわ、自分のとこにエアコンの風が来ないからといって温度を下げるわ、と好き放題やってた。おかげでNさんは冷風の直撃をうけ、出るころにはすっかり冷え切ってしまっていた。「娘と孫を連れたおばあさんは怖いもの知らずのやりたい放題」とはよくいったものだ。うちの母も時々ヤバいので極力ストップかけるようにしているが、これからは絶対阻止しようと思った。


今日の運動:大回り5周4.3キロを45分で歩いた。次は6周をめざそう。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜歩く
2006/08/03(Thu)

昨日歩いたので筋肉痛になるかと思ったけど、なんかすっきりしている。
このところ冷房の影響で足とかむくんでたんだけど、むくみが取れてきたような。体重も暴食前よりも落ちて、よかったよかった。夜の運動公園は涼しくて、たくさんの人が歩いている。それに車や歩行者を気にせずに自分のペースでがんがん歩けるのが何よりうれしい。自分でも歩くのはかなり速いと思うけど、上には上がいるもの。歩いても歩いても追いつくどころか、逆に距離が開いていく人もいて、なかなかいい刺激になる。もう少し早く行って、5周はいきたいものだ。
今日の運動:大回り4周とハーフコースのジョギングで計3.8キロぐらい、時間45分。

この記事のURL | スポーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。