スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
東福寺 通天橋から開山堂
2007/09/30(Sun)

P1040778_512.jpg

東福寺は谷川をはさんで伽藍が広がっているのだが、谷一帯にはイロハカエデの木がたくさんあった。
一面の緑だったけど紅葉の時期にはさぞや見事な眺めだろうなと思いながら通天橋へ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 京都大歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東福寺 方丈
2007/09/29(Sat)

P1040755_512.jpg

雪舟庭から方丈へ向かう。

門を入ってすぐに見えてくるのが本殿(左)と禅堂(右)。
相国寺や大徳寺でも思ったけど、京都の禅宗のお寺ってスケールが大きいと思う。
そのせいか、空がとても近く感じた。
この記事のURL | 京都大歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東福寺 雪舟庭
2007/09/28(Fri)

P1040746_320.jpg

台風が来るかもなんてよけいな心配だった。
朝からかーっと晴れた空はまさしく真夏の色。
帽子も日傘もない(雨傘はあるけど)私にはつらい~。
今回の目的は庭園巡り。ポイントは重森三玲。
今まで行ったことのない京都駅南部エリアに足を踏み入れた。
この記事のURL | 京都大歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三嶋亭 イートイン
2007/09/27(Thu)

P1040744_320.jpg

肉の三嶋亭といえば三条寺町にある高級肉店。
もちろんとても一人で気軽に行けるお値段じゃあない。
しかし、大丸の地下には三嶋亭のお肉が手ごろなお値段で味わえるイートインがある。
以前は持ち帰りをしたけど、今回はすいてたのでカウンターで食べることに。

すき焼き丼をオーダーして待つことしばし。
きました~。
ふたを取ると湯気と一緒に香ばしいいいにおいが。
ご飯の上にのったすき焼き風の味付けのお肉や玉ねぎ、しらたきがいい感じ。
味もうんまああああい!紅しょうががまたアクセントになって美味しさを引き立ててる。
さすが、お肉はいいものだった。
舌の上でほろけるんだなあ。
ご飯にしみたたれもまた美味し。
いやあ、美味しくて黙々といただいてしまった。

お昼時はいつも並んでるこのイートインだけど、夕方行くとけっこうすいててすぐ座れるのでオススメ。
今度はすき焼き定食を食べてみたいな~。
そしていつかお店の方ですき焼きやステーキを堪能してみたい~!(野望)
この記事のURL | 京都美味しいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
琥珀流し 長月
2007/09/26(Wed)

P1040739_512.jpg

三条からまたまた歩いて栖園へ。

もちろん、おめあては琥珀流し!
9月の琥珀流しは葡萄蜜。
とはいっても、いつものとろける寒天の上に葡萄の蜜と、くにゅくにゅしたぶどうゼリーがのってるのだ。
食感の違いがまた楽しい。
上にのってるのはサルタナレーズンかな。
うーん美味しい。
ちょっと今までよりも甘いような気もするけど、疲れた時にはうれしい甘さだ。
あっという間に完食。
帰りに女将さんに上にのってたゼリーみたいなものについて聞いたら、
「一番弾力の出るゼラチンをつこうてます。」と教えてくださった。
ほお~、それであのグミのような食感だったのね。
来月は栗の密だとか。
これはこれで楽しみ~。

職場に9月までの販売のレモン羹を買っていくことにした。
カステラは母に大好評だったので、また買って帰った。
ほんとにお菓子も美味しいので、何買っても喜ばれるから好きだ~。

この記事のURL | 京都美味しいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
百万遍から岡崎へ
2007/09/25(Tue)

P1040732_320.jpg

百万遍の交差点をわたってひたすら東大路を南下して細見美術館へ向かう。

バスで行ったらものの10分もかからんのに、しかも炎天下なのについつい歩いてしまう私って…。
でも京都大学前を歩きたかったんだからいいじゃん!
東大路って歩きやすいんだもの。
前を通ったら少しは大学のキャンパスが見えるのかなと思ったら、道路より上に建物が建ってるところが多くて、あまり見えなかった。残念。
しかし立て看板があるとことかいかにも大学らしくてなつかしかった。
この記事のURL | 京都大歩き | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ブーランジュリー フリアンディーズ
2007/09/24(Mon)

P1040692_320.jpg

出町柳から手作り市へ向かう途中で見つけたパン屋さん「ブーランジュリー フリアンディーズ」

直感でここは美味しい!とピンときたので即入店。
最近、このカンはほとんどヒットしてるけど、今回も大当たり!
本店は堀川今出川にあるらしいんだけど、ここはこじんまりした店ながらパンの種類がたくさんあって、迷いに迷った。

P1040701_320.jpg

やっぱりクリームパンははずせない。(クリームパンレポーターとして)
ここのクリームパンは表面に甘い生地がのってて、これまでとはちょっと違うタイプ。
中のクリームはおお~、これはうんまい!
甘さ控えめのカスタードがいいね~。
パン生地が甘い分、ちょうどいいかも。
ただ、手がちょっとべたべたになるのがね~。なめるわけにはいかないし。
お店の人がお手ふきを入れててくれて助かった。

P1040703_320.jpg

もう一つはデニッシュ系をチョイス。
レジのそばにあって、今日のおすすめっぽかった葡萄のデニッシュ。持ち運びのときに葡萄がよってしまった(涙)。
しかし、ほんまにおいしかった!デニッシュ生地はさくさくだし、中のクリームはもちろん私の好きな味。
これもやっぱり食べると手がべとべとになったけど、いや~美味しかったわあ。
それにこの美味しいデニッシュが150円しなかったと思うぞ。
学生さん向けなのか、店内のパンは値段がやや低めだったように思うけどどうだろう。
私が学生なら間違いなく通うね。
ネットで調べたら、ここは食パンが美味しいそうな。
買って帰るのは無理でもサンドウィッチで味わってみようかな。

お昼ごはん代わりに知恩寺で食べてすっかり満足したので、進々堂へ行くのを忘れてしまった。( 次回リベンジだな。)
京都では歩けばおいしいパン屋に当たる気がする。

この記事のURL | 京都美味しいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
知恩寺の手作り市 その2
2007/09/23(Sun)

P1040724_512.jpg

ホンとにたくさんのお店が並んでいたけど、陶器のお店もけっこうあった。
なかでも足が止まったのがこのお店。
この記事のURL | 京都大歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
知恩寺の手作り市 その1
2007/09/22(Sat)

P1040696_320.jpg

3連休の初日は知恩寺の手作り市に行ってみた。

京阪出町柳駅から歩いていくと百万遍の交差点は行く人帰る人でごったがえしていた。
知恩寺の境内にはたくさんのテントが並んでて、ほんとにいろんなものを売ってた。
この記事のURL | 京都大歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とりあえず生きてます…
2007/09/21(Fri)

P1040657_512.jpg

遊び倒した3連休が明けるとお約束のように仕事がどっと来て、連日サービス残業4時間超で働いてたため、更新もままならず。
家に帰ったら寝るだけ生活に加えて連日のこの暑さでもうへろへろ。
この週末でなんとか京都ツアーをアップするぞ~と心に誓う。
京都は楽しかったなあ。たくさん歩いたし。
また楽しく遊ぶためにもきょうも炎天下働こう。

画像はお稽古でいけたお花でリオンというそうだ。
新しいお花だとかではじめて見たが、何の仲間だろう。
花をじっと見てると、なんかウルトラマンとかに出てくる怪獣のようにみえてきておもしろい。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新幹線にて
2007/09/15(Sat)
1週間どうにか乗り切って迎えた9月の最初の3連休。

京都に行くことにしてたけど、来週の仕事の段取りとかしてたら前日寝たのが2時過ぎ。
新幹線の時間が早いく6時過ぎに起きないといけなかったが、新幹線で寝たらいいか、と軽く考えてたら甘かった。
私の席の後ろに陣取ってこっちをじろっとみてきたのは就学前のお子様たち。
「うわ最悪。」と瞬間的に思った。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桃のパフェ
2007/09/14(Fri)

P1040609_320.jpg

この前、久しぶりにパフェを食べた。

ダイヤモンドシティ・ソレイユの3階にあるエスニックカフェ?で、期間限定で白桃のパフェがでてたのだ。
パフェは「見た目が8割」の法則に見事に当てはまると思う。
食材の取り合わせはもちろんのこと、色や盛りつけの形も大きな選択ポイントの一つだ。
このパフェを選んだのは、私が大好きな桃という食材にくわえて、いろどりがかわいかったのが大きい。
ピンクの桃のシャーベットにオレンジや黄緑色のゼリーの粒。これらをまとめるクリームの白と引き締めるミントの葉の緑。
見た目完璧だ。
味はまあまあかな。ゼリーの粒の味がはっきりしないというか、ほとんどなかったので惜しい。
でも食べ進んでグラスの底から出てきたのは
缶詰の黄桃。
白桃のパフェじゃなかったの?
それなら桃のパフェってかいて~。
桃は桃でも白桃と缶詰の黄桃は全然違うぞ~。

と、ぶつくさ言いながら完食。
ま、全体的には美味しかったからいいか。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青天の霹靂
2007/09/13(Thu)

P1040652_512.jpg

夕方、ケータイのメールをチェックしてた職場の若者が、「安倍さん、辞意表明したそうですよ!」と声を上げた。

とたんに、「ええ~!!うっそ~!」と彼のケータイは人から人へ。
パソコンでネットのニュースを拾うと、もうそのニュースばっかり。

「うわ~、ほんまにやめるんじゃね。」
「でも、何で今なん?あんなにやめんっていっとったのにね。」
「安倍おろしが自民党の中であったんじゃないの?」
「にしてもよ、ちょっと突然すぎるよね。」
今日は外関係の仕事が多かったし午後から研修だったので、いきなりこんな大ニュースにみんな驚きを隠せない。

あれだけ強引に法律通しといてこれかい。と正直あきれもした。
教育改革だなんだと派手にぶち上げたけど、結局何が残ったのか。
年金問題や格差問題とかいろいろ問題山積みなんだけど、その矢先にやめんといけんかったというのは、何か自分自身にもまずいことでもあったのだろうか。
自分の選んだ閣僚が次々にやめていく状況に、もうだめだとプッツンキレたのか。
辞任するわけを「小沢さんが党首対談してくれないから」とか言ってたけど、子どものけんかじゃあるまいし(笑)。
「大平さんや小渕さんのように命かけてつとめるのが日本の首相たるもの」とかいってた評論家の方がいたけど、ま、そこまでしなくてもいいけど、やっぱりきちんとしてほしかったな。
引き際を間違えたといえばそれまでなんだけどね。
小泉さんのあとに首相をつとめるには、荷が重すぎたのだろうか。
結局、小泉さんの尻拭いで終わったのかな。

でも、どんな理由があったにしろ、次の首相が誰になるにしろ、難しいことをすべて丸投げしたことには変わりないわな。
こんな状況でも首相になりたい人っているんだろうか。火中の栗を拾うわけだし。
世界も注目してるから、いろいろなことにきちんと対応して欲しいものだな。

画像は夕方の 空の色。雲がいろいろな色に染まってきれいだった。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あんこあられ
2007/09/12(Wed)

P1040653_512.jpg

おけいこの時に師匠が「珍しいお菓子があるよ。」と出してくださったのが「あんこあられ」。
あんこあられ~??なにもの?と思いつつ、いただく。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最近読んだコミックス
2007/09/11(Tue)

 最近読んだコミックスから。

助けて!フラワーマン (少年サンデーコミックス)「助けて!フラワーマン」(兼山 臣/小学館 少年サンデーコミックス)

少年サンデーに短期間連載されていた花屋を舞台にしたお話。
ふだんはヤンキー高校生の花園竜胆(りんどう)のバイト先は生花店「花こぶし」。店長の孫娘のなずなにこきつかわれながら、お客の望む花を必ず仕入れることに全力を尽くす。花と一緒にそのお客の思いを届けたいから。その竜胆自身にもだれにも言ってない過去が…。

花屋の仕事や花の扱い方など、専門的なことをきちんとかいているのでへえ~と思うことが多かった。なずな姐さんの花屋らしくない露出ぶりがちと気になるけど、少年誌なのでこれはしょうがないかな(笑)。
なんといっても、あの伝統ある池坊の月刊誌「The Ikenobou(ざ・いけのぼう)」で今月のおすすめBOOKとして紹介されているのだ。
私もそれを読んで手に取った一人だけど、丁寧に描いてあっていいなと思う。中でもミヤコワスレの花の話が好きだなあ。連載は終わってしまったけど、また続編をかいてくれないかなと思った。

花屋が舞台のマンガと言えば杜野亜希先生(現在、白泉社「Silky」で「Dの女」連載中)の「秘密の花園」。
まだこちらでは見かけなかったプリザーブドフラワーとか作品の中に取り上げられてておもしろかったのに、まだコミックスになってないのだ。ぜひコミックスにして欲しいんだけどなあ。

その杜野亜希先生の最新コミックスが「Dの女」7巻(白泉社 HLCコミックス)。

銀座の老舗デパート「竹屋」を舞台に、販売員の春日紅が恋人の清掃員のクロ(宮竹朔郎)といろいろなトラブルを解決していく話…って書くとなんか違う~。こんな薄っぺらい内容じゃありません。7巻では紅がコンシェルジュとして活躍していくのだけど、店長のシロ(クロの異母兄)の家庭のことや社長である父とクロの母の話とかからんで、話はますますおもしろくなってきてるのだ。(以下ネタばれありにつき反転)
中でも銀座メイドの蜂蜜の話は実際にそういうプロジェクトがあるそうで、関連商品も発売されているとか。ぜひ味わってみたいなあ。マリカがもってきたオペラ座の蜂蜜は「世界不思議発見」でもやってたから知ってたけど、銀座でもあるとはね~。
 ドラマ化もありかなと思うけど、1つの話の中で必ず誰かひっぱたかれるこの作品(笑)。役者さんたちの体を張った演技が必要だろうなあ(特にクロ役)。
今回の単行本の帯にはあの夕凪の街の作者のこうの史代さんが言葉を寄せてるんだけど、彼女の作品とはイメージの違うナイスなコメントに笑ったわ~。
なかなか地方の本屋まで数が回ってこないのか、発売日なのに残ってた1冊をぎりぎりゲット。近くの本屋にない場合はアマゾン白泉社のサイトで注文するのがよいかと。 

この記事のURL | 読んだ本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドナドナ
2007/09/10(Mon)

P1040583_512_20070903205247.jpg

車が7年目の車検になったのでどうしようかなと思ってたころに、出たのがフルモデルチェンジしたマツダ デミオ
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
柳家花緑独演会
2007/09/09(Sun)
Hちゃんおすすめの柳家花緑さんの独演会に行ってきた。

花緑さんは7月に「宝塚BOYS」でそのすばらしい演技力とピアノの腕を拝見してすっかりファンになったのだが、本業の落語はまだ聞いたことがなかった。
ていうか、落語そのものをライブで見るのも初めてなんだな。
落語ってテレビでしか見たことなかったもの。
この記事のURL | 観劇 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁多米おむすび 再び
2007/09/08(Sat)
落語の前にちょいと何か買っておこうともぐったそごうの地下に、またきてた出雲仁多米おむすび。

うれしくなってまたまた並んでしまった。
やっぱり今日も市民球場のナイターがあるからお客さんでごった返してた。
並んでる間に品定め。
今日はいつもは食べない系のおむすびにチャレンジしてみることに。
定番の鮭ははずせないので、えび天むすびととんかつむすびにした。
会場で全部食べる時間がなかったのでかばんに入れて家まで持って帰ったら、せっかくのいい形がくずれてしまったので写真はなし(泣)。
えび天もとんかつもおいしかったけど、やっぱりシンプルな具の方が米のうまさが引き立つように思った。
さけ、うめ、ちりめんじゃこと食べたけど、どれもうんまいのだ。

 子どものころ、うちのおむすびといえばうめかこんぶが入っていた。当時はあんまり梅干が好きではなかったので、うめは最後に食べたものだ。こんぶも味にあきてたくさんは食べられない。さけやたらこのおむすびに憧れたものだ。山賊むすびを食べるときにはうめ、こぶ、さけの順に食べたもんね。
何も具を入れず、ほどよく塩のきいたのりむすびが一番好きだったなあ。作る方としては手間がかからないので楽だったと思うけど。

会計をするときに売り子のおばちゃんに「おいしいから買いに来てます」と行ったら、「いつもありがとうねえ。今回は(出店が)短いけどまた来てね。」と田舎のおばあちゃんのように答えてくれた。
おばちゃんはアナゴののり巻きを勧めてくれたんだけど、さすがに持ち歩きの時間が長いので断念。
もうちょっと涼しくなったら買ってみよう。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9月最高気温
2007/09/06(Thu)
むっちゃ暑かった今日1日。

室温は朝の時点で「軽く35度越え。
午後からは屋外での仕事で2時間炎天下に(泣)。
コンクリートの照り返しと直射日光であぶられて周囲の気温は40度を越えてた。
なるべく日陰に入るようにしたけど、熱い空気で息ぐるしく感じるぐらいだった。
6月からこの仕事してるけど、6月や7月の方が気温が低かったもんなあ。
なんじゃこの暑さは…。と思ってたら、台風のフェーン現象なんだって?
しかも山陽側で起きるのは珍しいとか。
その日の最高気温は広島では36.9だったそうな。うちのあたりでも36度。体温とおんなじや~~~!

東の方は台風9号で大変だったそうだけど、夏の落し物はもうこれっきりにして欲しいものだ。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暑過ぎ…
2007/09/05(Wed)

P1040632_512_20070906030119.jpg

午後にようやくヒグラシが鳴くようになったけど、まだまだ日中は30度を軽く越える。

今日は午前中に屋外での活動があったのだが、あまりの暑さと日差しの強さに気分の悪くなった人が出て30分で屋内へ退避。
台風が関東に近づいてるとかで湿った空気が入ってきてるようで、ぬるくて重たい空気がまとわりつく。
友人が先月東京に行ったとき、「ぬるいゼリーの中を泳ぐよう」とたとえた感じはこれじゃないのかと思った。
扇風機が天井で回ってるけどぬるい風を送ってくるので効果なし~。(うちの職場にはエアコンはありません)
うちわをあおぎながらのデスクワークで能率は落ちる一方。
「家に帰って仕事したい~!かえりたい~!」との悲鳴に近い声まで上がるってどうよ?
当然、午後の月末のイベントでの企画の詰めの打ち合わせでも頭は働かず、みなこわれていって「でもそんなの関係ねえ」のギャグが飛び交う始末(泣)…。
月末のイベントもこのまま9月に暑い日が続くようなら、来年度からは春の開催への変更を考慮した方がよいのではないか、と思う。たしかに春は他のイベントが目白押しだから現状そのままでは難しいだろう。でも規模や内容を見直したらできるんじゃないかなあ。これまでずっとやってきているサイクルを変えていくのはかなりのパワーが必要だ。(だれか死んだら変わるかもしれんけど)

画像は橋の上から見えた夕日。川面の照り返しも強くて、まだまだ太陽がしっかり夏を主張していた。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリームパンレポ9
2007/09/03(Mon)

P1040633_256.jpg

福屋地下で売ってた「brio(ブリオ)」クリームパン。

いつもはアロフトのクリームパンを買うのだけど、初めて見かけたので買ってみた。
ブーランジュリー101BRIO」っていうのがお店の正式名称なのね。

ブリオッシュの大きくした形で、中にはたまごたっぷりのカスタードクリーム。
カスタードクリームはたまごと牛乳の味がする私の好きな味~。でもあんまり甘くないからいい。
パン生地がブリオッシュ生地で甘いのでクリームと食べたらちょうどいいな。
タウン誌でも紹介されてたらしいから、美味しいと評判なのだろう。
ハード系のパンもたくさんあるようだ。

橋本町のお店に行ってほかのパンも買ってみようかな。

この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
世界陸上
2007/09/02(Sun)

P1040634_512.jpg

世界陸上大阪大会がもうすぐ終わる。

4×100m男子リレーで日本チームは5位だったけど、予選で日本新、そして決勝でさらに日本新記録を出したのはすばらしいと思う。
リレーの決め手となるバトンパスに下から渡す難しい方法をあえて採用して練習してきたそうだ。
そして、アンカーの朝原選手。チーム最年長のアンカーの走りはやっぱりすごかった。
決勝ではややバトンパスがもたついたように見えたが、決して他の外国勢には見劣りしないレース運びだったと思う。彼の走りはきっと後輩たちに受け継がれていくことだろう。 
この記事のURL | スポーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の忘れ物
2007/09/01(Sat)

P1040641_512.jpg

ようやく、夜には虫たちが鳴いて、風も涼しくなってきた。
1ヶ月前は夜でもせみが鳴いてたもんなあ。
日中はまだまだ暑いので、夏にやり残したことを今のうちにやっておくことにした。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。