スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭 女木島3
2010/10/26(Tue)
DSCN0570_400.jpg 

女木島を訪れたのは月曜日だったので、「均衡」はあいにくメンテナンス中。

鏡を磨くのか、脚立が中に入ってた。
そのかわりに入場料は無料。
改装した納屋の中にはたくさんの鏡。
光がうまくあたる時にみたらもっときれいだったろうなあ。
スポンサーサイト
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭 女木島2
2010/10/25(Mon)
DSCN0552_400.jpg 

まず最初に行ったのは「不在の存在」。
撮影不可なので画像はなし。

レストランの中庭の部分が作品。
誰もいないのに足あとがついていく不思議な庭。
足音も聞こえてくる。
また、鏡に映るはずの人が消える不思議な茶室もある。
ええっ!とびっくりしてしまうのだ。
実はちゃんとタネがある。
しかし私の後に入ったおば様たちがが大きな声で話すので、順番待ちの皆さんに仕掛けがまる聞こえ。
どうかわかってもお静かに。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭 女木島
2010/10/24(Sun)
 DSCN0407_400.jpg

女木島にフェリーで向かう。

港に入ってきて最初に見えるのが「20世紀的回想」という作品。
ピアノの上に帆船みたいな帆が合って、風を受けて帆が膨らむ様子はまさしく船。
近づくと音楽が鳴ってた。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭 男木島4
2010/10/23(Sat)
DSCN0489_512.jpg 

島では空き家を使って作品を展示してある。

高橋 治希 作 「Sea Vine」は 開放された窓から見える海の波が
静かに室内に広がっていく光景を表現した作品。
Sea Vine=海の蔓という名前に納得。
この記事のURL | アート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭 男木島3
2010/10/22(Fri)
DSCN0469_400.jpg 

島の家々の間の細い路地を使って展示してある作品も多い。

海からの風が吹き抜ける坂道の石垣にあったのは中西中井作 「海と空と石垣の街」

一つ一つの家がしっかり作ってあるなあと思ったら、中西さんは建築家だそうだ。
頭上を横切る鉄の橋?の上の乳母車を押す人がかわいかった。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭 男木島2
2010/10/21(Thu)
DSCN0445_512.jpg 

作品めぐりは徒歩でまわる。

道が狭いし人も多いし、なんせ坂道ばかりなのだ。
でも家の間の細い道を歩くのは探検してる気分になっておもしろい。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭 男木島 
2010/10/20(Wed)
DSCN0432_400.jpg 

男木島の港ですぐ出会うのが ジャウメ・プレンサの「男木島の魂」。

並んでるのは男木島から他の島へ渡る船の乗船券を求める人たち。
高速船は定員が決まっているので、早めにゲットしておいた方がいいみたい。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瀬戸内国際芸術祭2010 高松港から
2010/10/19(Tue)
DSCN0598_400.jpg 

瀬戸内国際芸術祭が香川県と岡山県のあいだの島々で開催中だ。

日曜美術館でもやってたし、おもしろそうなので行ってみることに。
しかし、10月末までの会期なので休日はかなり混雑するとの情報もあって、
代休の取れた平日に早起きして突撃した。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
展覧会 その2
2010/10/15(Fri)
DSCN0654_400.jpg 

大丸ミュージアムKYOTOで開催中の「木田安彦の世界 三十三間堂展」。

恥ずかしながら、版画家木田安彦氏については知らなかった私。
でもNHK大河の「新撰組!」のタイトルバックの版画を作った人、と聞いて
「おお~!」と納得。
鬼瓦や、京都の町家の瓦屋根が印象的なオープニング映像が頭に浮かぶ。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
展覧会いろいろ
2010/10/13(Wed)
DSCN0652_400.jpg 

芸術の秋ということで、いろいろ展覧会を見てきました。

夏のことやら9月の話がアップできないままだけど、会期末が迫ってるのでこっちから先に。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テントにかまれる
2010/10/02(Sat)
P1200964_512.jpg 

屋外イベントのために建てていたテントをいったん倒していたときのこと。

テントの足と屋根の部分を支える金具をはずそうとしたけど、
ぎっちりはまってて抜けなくなってた。

こういう時は反対側から2,3度たたけば外れるので、

1回2回とたたくと

急にはずれた。

しかも勢いよく落下して

テントの足をつかんでいた左手薬指を

直撃。
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。