スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大和三山を望む
2011/02/20(Sun)
DSCN2421_512.jpg 

「大和は国のまほろば」
とうたったのはヤマトタケルノミコト。

大和の風景として大和三山はやはり見ておきたい風景だ。
展望台へ登ると、大和盆地と三山がパノラマで広がっていた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 奈良みたもん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大神神社
2011/02/19(Sat)
DSCN2426_400.jpg 

大和国一ノ宮 大神神社(おおみわじんじゃ)。

本殿を持たず、三輪山そのものをご神体とするこの神社は、
大国主命の和魂である「大物主大神」を祭神とする日本最古の神社の一つだそうだ。
この記事のURL | 奈良みたもん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルーシー・リー展
2011/02/10(Thu)
DSCN2815_400.jpg 

大阪中ノ島公会堂前にある東洋陶磁美術館へ
ルーシー・リー展」を見に行った。

ピンクの釉薬がとってもきれいな器のポスターが気になってたのだ。
この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上七軒界隈
2011/02/08(Tue)
DSCN2573_400.jpg 

北野天満宮から出て、上七軒の通りを歩く。

この界隈は京都の中でも一番古い花街ということもあって、
お茶屋さんなどの古い建物が通りに並んでいる。

こちらのお店は和菓子の老松さん。
すだれにのれんがいい感じですわ。
こちらのお菓子は「御所車」をいただいたことがある。
いつか「夏柑糖」を、と思っているけど、期間限定だし日持ちしないし、持ち歩き不可だし、で
いまだ果たせていない。
この記事のURL | 京都見たもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天満宮といえば長五郎餅
2011/02/07(Mon)
DSCN2572_400.jpg 

北野天満宮に来たらやっぱり長五郎餅をいただかなくちゃ。

この前の「ケンミンショー」でも出てたけど、太閤秀吉の北野大茶会のときに用いられ、
気に入った秀吉が長五郎餅と名づけた由緒あるお菓子。
400年の歴史のあるお菓子ってすごいけど、京都ではそんなお菓子はざらにあるのよね。

ここの茶店がまた風情があるのだ。
この記事のURL | 京都美味しいもの | CM(4) | TB(0) | ▲ top
北野天満宮へ
2011/02/06(Sun)
DSCN2555_400.jpg 

龍安寺からバスで北野天満宮へ。

この季節は天神さんにもお参りしなくちゃ。
この記事のURL | 京都見たもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪の龍安寺
2011/02/05(Sat)
DSCN2520_400.jpg 

きぬかけの道を立命館大学前を通り過ぎ、
ちょいときつめのアップダウンを越えたところに龍安寺がある。

庫裏へと続く石段横には龍安寺垣と呼ばれる竹垣が続く。
学生のころに来たっきりだったので、入り口から石庭までがこんなに広いとは思わなかった。
この記事のURL | 京都見たもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パン工房Mutsu mutsu
2011/02/02(Wed)
DSCN2511_320.jpg  

金閣寺から衣かけの道を竜安寺に向けて歩いていると、
パン屋さんを発見。
パン工房Mutsu mutsu(むつむつ)さんだ。

「おいしいセンサー」にピピッときたのでついついお店の中へ。
この記事のURL | 京都美味しいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪の金閣へ
2011/02/01(Tue)
DSCN2437_400.jpg 

京都でしてみたいこと(野望)はいくつかあるけど、
なかでもほんとにタイミングが合わないと無理なのが

「雪の金閣を見る」こと。

なんせ京都の雪は積もってもとけるのが早いので、
雪が積もったと聞いてから行ったのでは間に合わないそうだ。

今回はホテルのある四条でも朝からけっこう雪が降ってたので、
北山方面行きのバスで金閣へ。
一条戻り橋あたりもぼんぼん降ってくるのでわくわくする。
この記事のURL | 京都見たもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。