スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
金比羅さんへ
2008/01/31(Thu)
P1060647_400.jpg

「山越」から金比羅さんまではほんとにすぐだった。

地図を見るとちょっと遠そうだけど、縮尺が1キロ1センチなのね。
香川県ってほんとにコンパクト。
でもカーナビの案内のまま走っているとどんどん山の中へ導かれてしまった。
どうやら本殿下の駐車場への最短ルートのようだったけど、あの石段を登らねば金比羅参りの意味なし!
ということで、カーナビの案内を無視して引き返す。
P1060648_400.jpg

参道沿いには歴史のありそうなお店が立ち並ぶ。
江戸時代の金比羅参りの人々もここを通ったのだなあ。

P1060649_320.jpg

さていよいよ階段を登り始める。
石段1つの高さはそう高くない。
何段か登ったら平坦なところがあって、連続して登るのじゃなくてよかった。
途中のお店では竹のつえを貸し出していて、何人もの参拝客がつえをついていた。
石段かごもあったけど、これって乗るほうも命がけだったりして。


P1060654_400.jpg

寒かった体が温まった頃に着いたのが大門。
ここまで何と365段もあるとか。
いや、冬でよかった。
これが夏だったら暑くてへばってたな。
現に同僚は夏に行って「死ぬかと思った」そうだから。

P1060655_400.jpg

見事な1点通しの大門から続く参道。

鳥居までの間の傘は、大門から内側で店出しを許されている五人百姓という美代飴を売る店がある。
5人百姓という名前からちょっと歴史の暗黒面を想像してしまったのだけど、昔金比羅さんに大変貢献した5人の家に大門の内側で商売することを許したのが始まりだそうだ。
飴がおいしそうだったので今度は買ってみたい。

P1060656_320.jpg

大きな提灯の金比羅さんのロゴマークがおもしろい。
あちこちにこのマークが使われている。

P1060658_320.jpg

鳥居の前の狛犬の表情がなんともユーモラスでかわいかった。
そしてさらに続く階段。
もう少しで書院だ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 見聞録 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<金刀比羅宮 書院の美 | メイン | 讃岐うどん巡り その1 山越うどん>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yahe.blog64.fc2.com/tb.php/432-666b1c79

初金比羅さん
山越で腹ごしらえを終え、目的地である金比羅さんに。四国には何回も来ているんですが …
2008/02/03 21:38  つれづれ日記
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。